2022年度 前期 広島市立大学 芸術基礎科目

絵画材料論

【講座の目的】

絵画の制作に必要な各種材料について西洋美術史及び絵画技法史の検証を踏まえながら、実践者の立場からその成り立ちを体系的に理解する。

 

 

【講座の概要】

本講座では絵画の諸材料と技法に関する網羅的な授業を行う。主なプログラムの編成としては、「支持体(02-06)」「絵具と保護層(07-11)」「絵画技法史と絵画技法(12-13)」である。その他に外部講師を招いた補足講義を2回行う。

 

 

【プログラム】

01: ガイダンス / 絵画材料論とは

02: 絵画の構造と支持体

03: 参考図書の紹介 / 絶縁層と地塗り

04: 下地の種類と処方

05: 下地の塗布 / キャンバスと絵画

06: キャンバスの張り方 / 支持体のまとめ

07: 色彩と絵具の成り立ち

08: 固形描画材 / 水性絵具 1

09: 水性絵具 2 / 合成樹脂絵具

10: 油性絵具 / その他の画材

11: 絵画の保護 / 額装

12: 絵画技法史概論

13: 絵画技法体系概論

14: 絵画の修復(講師:修復家 土師広)

15: 絵画の梱包と展示(講師:展示技術者 宮路雅行)

 

※授業の順序や内容・構成は変更することがある。

 


 

広島市立大学 シラバス >PDF

授業用レジュメ > Google Docs.

期末レポート課題 > Google Docs.